艶つや習慣プラス ほくろ 稗粒腫(ひりゅうしゅ) アトピー

ほくろ、アトピー、稗粒腫(ひりゅうしゅ)にも?その効果は?

 

 

まぶたや目のまわりにできた白いつぶつぶ、
鏡を見るたび気になっている方も多いと思います。

 

 

ニキビができたと思っても、
一向に治らない、そんな症状ありますよね?

 

ニキビのように痛みやかゆみがなければ、
それは「稗粒腫(ひりゅうしゅ)」という皮膚トラブルの一種です。

 

 

 

稗粒腫(ひりゅうしゅ)とはなにか?

 

 

稗粒腫(ひりゅうしゅ)とは、
まぶたや目のまわりにあらわれる
直径1〜2mmほどの白いしこりのことです。

 

 

ニキビと違い、触れると硬く尖ったような感覚があり、
痛みやかゆみの症状もなく、炎症もありません。

 

 

消えるまでには、
長い時間がかかるのも特徴で、何か月、何年という単位で続きます。

 

 

しだいに大きくなっていき、
年単位ですが、自然になくなっていきます。

 

 

稗粒腫(ひりゅうしゅ)とは良性のしこりですので、
大きくはなりますが症状として
悪化するものではなく治療も必要ないと言われています。

 

 

しかし、治るペース以上にブツブツが増える可能性もあり、
まして気になる箇所にあらわれるのでとれるものならとりたいしこりですね。

 

 

 

稗粒腫(ひりゅうしゅ)の原因

 

 

稗粒腫(ひりゅうしゅ)の原因は、
皮膚の毛包と呼ばれる毛穴の内部や

 

皮脂腺にたんぱく質や角質が溜まり発達して、
皮膚表面に突起してきます。

 

 

通常は肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって
古い角質や垢として押し出され剥がれるのですが、
毛包や皮脂腺の形成が不十分になると固まって突起として生じてきます。

 

 

代謝の低下による、老廃物の塊。

 

これが稗粒腫(ひりゅうしゅ)です。

 

 

しかし、自然治癒するので研究は進んでおらず、
明確な原因は解明されていないのが現状です。

 

 

 

 

気になるブツブツをとるには?

 

 

自然治癒するからとはいえ、
まぶたや目元など気になる箇所にできてしまう稗粒腫(ひりゅうしゅ)。

 

 

治療方法を紹介します。

 

 

治療法の一つとしては、病院で除去する方法です。

 

皮膚にちいさな穴をあけ、
しこりを押し出して除去する方法です。

 

まれに皮膚癒着がある場合は除去ができないこともあります。

 

 

良性の腫瘍なので保険もきかないケースもあります。

 

 

 

もう一つの方法としては、
自宅での自然治癒へのアプローチです。

 

 

肌の新陳代謝(ターンオーバー)の促進や角質ケア、
積極的なスキンケアによって、稗粒腫(ひりゅうしゅ)を除去、予防する方法です。

 

       
艶つや習慣プラス公式サイト!

 

 

 

艶つや習慣プラスで自然治癒を促進!!

 

 

ここでご紹介したいのは、
老化性イボの除去や角質ケアで
効果を発揮する「艶つや習慣プラス」です。

 

 

稗粒腫(ひりゅうしゅ)を取り除くには、
肌の代謝を促進し、
余分な角質や皮脂を皮膚から排出させることです。

 

 

「艶つや習慣プラス」は
この効果に特化していますので、自然治癒の促進に期待がもてます。

 

 

 

稗粒腫(ひりゅうしゅ)の治療と予防に必要なのは、

 

・肌代謝を活発にさせること
・角質ケア、スキンケアを施すこと
・皮膚を保湿すること
・美肌成分を含んだものを使用すること

 

 

などが挙げられます。

 

 

「艶つや習慣プラス」のもつ、角質ケア、
美容成分などの効能は稗粒腫(ひりゅうしゅ)の自然除去、
再発防止に最適だといえます。

 

 

自宅で治したい方は、
「艶つや習慣プラス」をつよくお薦めします。

 

       
艶つや習慣プラス公式サイト!